So-net無料ブログ作成
渡る世間は鬼ばかり ネタバレ 第45話 ブログトップ

渡る世間は鬼ばかり ネタバレ 第45話 [渡る世間は鬼ばかり ネタバレ 第45話]

「渡る世間は鬼ばかり」のネタバレ、第45話です.。

壮太(長谷川純)が眞(えなりかずき)と
まひる(西原亜希)を「おかくら」に呼んだ。

貴子(清水由紀)の父・道隆(武岡淳一)から
眞と貴子のことを頼まれた壮太は、最後の手段として、
まひるとともに2人の気持ちをはっきりさせることにしたのだ。

誰かに背中を押されないと前に進めない眞と、
道隆の病気のことで
自分の気持ちが打ち明けられない貴子から、
壮太は改めて本当の気持ちを聞き出した。

それから1週間が経ったが、
今だに眞から貴子へ何のたよりもないことを知り、
壮太は怒りがこみ上げてきた。

再びまひるを呼び出した壮太は、
次の作戦に向けて協力を頼んだ。

まひるも乗りかかった船だからと、
最後まで眞と貴子の面倒を見る約束をする。

その頃五月(泉ピン子)は眞とまひるの交際が
うまくいっていると信じて上機嫌だった。

一方大吉(宇津井健)は、
壮太と貴子の仲がうまくいっているのか
気になっていたのだが、、。

長子(藤田朋子)もお似合いだと言う、、。


まひると壮太のたくらみはうまくいくのですかね。

あまり首を突っ込むと、かえってしんと貴子は
離れてしまう気もしますが、、、。

しかし、じれったい恋です、、、ね!
【送料無料】「渡る世間は鬼ばかり」岡倉...

【送料無料】「渡る世間は鬼ばかり」岡倉...
価格:1,680円(税込、送料別)


トラックバック(0) 
渡る世間は鬼ばかり ネタバレ 第45話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。