So-net無料ブログ作成
ドン・キホーテ あらすじ 7話 ブログトップ

ドン・キホーテ あらすじ 7話 [ドン・キホーテ あらすじ 7話]

ドン・キホーテのあらすじ、
7話です。

総長の鰯原(鈴々舎馬風)が病に倒れた。

病院から自宅へ戻ったと聞き、
城田(松田翔太)と鯖島(高橋克実)は
自宅を訪れる。

部屋にはライバル・鰺沢(小木茂光)の姿が、、。

鯖島は機転を利かして
城田を「介護ヘルパーだ」と鰯原に紹介する。


翌日、鯖島は医師と看護師が
「もう限界かもしれないな」「もってあと3日か」
とのやりとりを聞いてしまう。

それを聞いた城田は冷静に
「絶対に総長に知られるな」といい、
最後まで総長を見守ろうと決意を固める。


そんな二人に鰯原は最近、
孫娘ヨーコの夢をよく見ると話す。

ヨーコは15年前に縁を切った鰯原の娘が産んだ子。

しかし、娘が若くして他界したため、
鰯原は孫のヨーコに会っていなかった。

「ただ一人残った家族に会いたい」という鰯原の願いを叶えるべく、
城田はヨーコを探すことを決意する。

が、手元にあるのは4歳のヨーコの写真だけ。


えっ、総長があと3日の命だなんて、、、。

いったい総長の孫をどうやって探すのさ!

がんばれ!城田!

現在、14歳になっている彼女を探し出すのは
とても難しいことだが、、、。
ドン・キホーテ(DVD) ◆...

ドン・キホーテ(DVD) ◆...
価格:3,948円(税込、送料別)


トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドン・キホーテ あらすじ 7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。