So-net無料ブログ作成
「渡る世間は鬼ばかり」 43話 あらすじ ブログトップ

「渡る世間は鬼ばかり」 43話 あらすじ [「渡る世間は鬼ばかり」 43話 あらすじ]

「渡る世間は鬼ばかり」、43話のあらすじです。

病院の集中治療室に入っていた篤(小林海人)の母が息を引き取った。

弥生(長山藍子)が連絡を受けたとき、
当の篤は楽しいキャンプが終わって帰宅する途中だった。

本人にどう伝えたらいいか悩んだ弥生と佐枝(馬渕英俚可)は、
とりあえず病院に行くようにと篤を送り出した。

良(前田吟)に付き添われて病院に着いた篤は、
衝撃の事実に向き合い、それでも懸命に耐えた。

不憫に思いながらもどうすることもできない弥生や
良の胸は悲しみで張り裂けそうだった。

しかし、現実には身寄りのいないくなった篤は
施設に入るのが当人にとって幸せな道と考える弥生に対して、
同級生で仲良しの勇気(渡邉奏人)は
いつまでも家で暮らしたらいいと主張した。

その頃「おかくら」には、
出産を間近に控えた葉子(野村真美)が入院したと
透(徳重聡)から連絡が入る。

高齢出産の上、双子ということで大事をとったという。
知らせを聞いた大吉(宇津井健)は
重要な話があるからと病院を訪ねる。

大吉の話とは一体何なのか?

トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
「渡る世間は鬼ばかり」 43話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。