So-net無料ブログ作成
渡る世間は鬼ばかり ネタバレ ブログトップ

渡る世間は鬼ばかり ネタバレ [渡る世間は鬼ばかり ネタバレ]

渡る世間は鬼ばかりのネタバレです。

「おかくら」の壮太(長谷川純)が
突然まひる(西原亜希)を呼び出した。
ほとんど口を聞いたこともない壮太が
どんな用件かといぶかるが、
まひるは約束の場所に向かう。
壮太はいきなり、眞(えなりかずき)と
別れて欲しいとまひるに迫った。
貴子(清水由紀)が眞にどういう態度を取っていても、
二人を結婚させてあげたいという壮太。
そんなことを壮太に言われる筋合いはないと突っぱねながらも、
まひるは壮太の気持ちを聞く。
まひるは眞が「ニセ彼」だったことが祖母のマキ(淡島千景)に
わかってしまった以上、恋人同士を装う必要もない。
さらに壮太からの話があったからか、
もう会うことはないとまひるは眞に別れを告げる。
眞は結局、貴子から結婚を断られ、
まひるからもフラれてしまった格好だ。
やがてお盆を迎え、仏前に手を合わせようと五月(泉ピン子)や
弥生(長山藍子)、文子(中田喜子)が「おかくら」に集まってきた。
その頃、弥生の夫・良(前田吟)は同居する子どもたちを連れて
キャンプを楽しんでいたが…。

とうとうしんちゃんには一番つらい展開になってきましたね。
ぜんぜんしんちゃんが悪くないのに勝手にまわりが動いて
いますね。

人生ってこんなもんなんでしょうか?
★渡る世間は鬼ばかりに関連する商品を探してみるならここ(楽天)★




トラックバック(0) 
渡る世間は鬼ばかり ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。