So-net無料ブログ作成
金曜ロードショー 硫黄島からの手紙 ネタバレ ブログトップ

金曜ロードショー 硫黄島からの手紙 ネタバレ [金曜ロードショー 硫黄島からの手紙 ネタバレ]

金曜ロードショー、硫黄島からの手紙のネタバレです。

日本本土への空襲をより活発化させることができる
「不沈空母」である硫黄島を死守するため
、元憲兵の清水(加瀬亮)ら若い兵士が続々と送りこまれる中、
翌1945年2月、
遂に米軍が硫黄島に上陸を開始した。

開戦前夜、栗林(渡辺謙)は兵士たちを集め、
家族を守るために1日でも長く生きのびるよう「命令」をくだす。

その言葉に触れた西郷(二宮和也)は、
生きて家族の待つ家に帰るために戦うという決意を新たにするのだった。

西郷が配属された摺鉢山の戦いは過酷を極め、
日本軍は必死の抵抗を続けていたが遂に上官から玉砕の命令が下った。
次々と手りゅう弾で自決していく仲間たちを前に、
成す術もなく立ちつくす西郷。

彼は生き残った清水を説得し、
島を縦断して栗林のいる本部を目指すことに。

一方、玉砕を美徳とする伊藤中尉(中村獅童)は栗林の命令を無視して、
摺鉢山奪還のために単身での突撃を決意。

地雷を身体にまきつけて、激しい戦闘下に飛び出して行くのだが…。


義も悪もない戦争の真実を切り取ったイーストウッドからの鎮魂歌

まさしく戦争の真実を描き出したイーストウッドの
魂のこもった作品ではないでしょうか!

イーストウッドのもとでの
日本人俳優の活躍がとても見ものですね。
【送料無料選択可!】硫黄島からの手紙 [Bl...

【送料無料選択可!】硫黄島からの手紙 [Bl...
価格:4,432円(税込、送料別)


トラックバック(0) 
金曜ロードショー 硫黄島からの手紙 ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。