So-net無料ブログ作成
渡る世間は鬼ばかり 第41話 ネタバレ ブログトップ

渡る世間は鬼ばかり 第41話 ネタバレ [渡る世間は鬼ばかり 第41話 ネタバレ]

渡る世間は鬼ばかり、第41話のネタバレです。

孫娘のまひる(西原亜希)と眞(えなりかずき)の関係が
一向に進展しないことに我慢できなくなったマキ(淡島千景)は、
どうなっているのかと幸楽を訪ねる。

マキから眞たちのことを質問される五月(泉ピン子)だが、
こちらも曖昧な答えをするのがやっと。

まひるの身の振り方次第で田舎の旅館を
閉めるかどうかが決まってくると
マキから真剣に言われて困ったまひるは、
突然「おかくら」に行ってみようと提案する。

マキは大吉(宇津井健)の前で、
まひると眞の縁談のことについて語りだした。

それを聞いていてた日向子(大谷玲凪)は、
眞には貴子(清水由紀)というフィアンセがいることを
喋ってしまった。

貴子はすかさず否定したが、
眞に恋人がいたことを初めて知ったマキは、
まひるがそのことを承知の上で
結婚しようとしていたことを
悟り唖然としまう。

その頃、貴子とのことがうまくいかずに悩む眞は、
両親の前でお酒に酔いつぶれてしまうが、、。

マキさんはもう旅館を閉めたほうが
いいのかもしれないよね。

やっぱりしんちゃんは貴子さんとの結婚以外
かんがえていないだろうし、、。

でもまひるちゃんのひたむきな愛も
なんとなくけなげな気がするよ!

渡る世間は鬼ばかりの関連グッズをもっと探すならここ(楽天)

トラックバック(0) 
渡る世間は鬼ばかり 第41話 ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。