So-net無料ブログ作成
ドンキホーテ あらすじ 1話 ブログトップ

ドンキホーテ あらすじ 1話 [ドンキホーテ あらすじ 1話]

児童相談所に勤める新人の児童福祉司、

城田(松田翔太)は念願の児童福祉司になれた喜びからか、

日々使命感に燃えて仕事をこなしていた。

不登校や非行、家庭内暴力、そして虐待の通報や相談…。

毎日やることは尽きず、忙しい毎日。

だが、マニュアル重視で押しが弱く、

職場では所長の水盛ミネコ(小林聡美)はじめ、

みんなのお荷物になってしまう始末。



いっぽう、泣く子も黙る鯖島組・組長の鯖島仁(高橋克実)は、

組の総長である鰯原修三(鈴々舎馬風)から、

3ヶ月以内でライバルの鯵卓卓巳(小木茂光)と

次期総長を争うように言われていた。

気負った鯖島は日々のシノギに励むのであった。



そんなある日、虐待の通報を受けた城田と、

借金の取立てに向かった鯖島は偶然にも同じ団地に向かう。

そのとき一筋の光が団地を包み、

なぜか城田と鯖島の体が入れ替わってしまった――!



なんだかありがちの展開ですが、、、。



ヤクザの親分が児童相談所を舞台に

子供達を救うことになる

物語ですよーー!



7月9日土曜の日テレで夜9時スタートです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドンキホーテ あらすじ 1話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。